Oncyberとは?始め方を解説【バーチャル美術館】

悩んでいる人

Oncyberってなんだろう?

Oncyberの始め方を知りたい!

今回はこのような疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • Oncyberとは
  • Oncyberの始め方

Oncyberとは?

Oncyberは一言で表すと、メタバース上の美術館です。

所持しているNFT作品を展示スペースに設置して自分だけの美術館を作ることができます。

また作成した展示スペースは他のユーザーにシェアできるのも特徴です。

PCだけでなくスマホ、VR機器でも展示スペースに入れるので、誰でもお手軽に美術館体験ができます。

ぬい

メタバースならではの作品がたくさんあるので新鮮!

Oncyberの始め方

Oncyberを利用するには暗号資産ウォレット展示するNFTが必要になります。

暗号資産ウォレットは世界でもトップクラスの利用ユーザー数を誇るメタマスクがおすすめです。

あわせて読みたい

「NFTをまだ持っていない」という人向けに、下記ページで購入の流れを詳しく解説しています。

あわせて読みたい

暗号資産ウォレットと展示するNFTが用意できたらOncyberの公式サイトへアクセスします。

右上の「CONNECT WALLET」をクリックします。

暗号資産ウォレットの接続選択画面が表示されます。

「Metamask」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

「接続」をクリックします。

「署名」をクリックします。

展示スペースの選択画面に変わります。

今回は無料で利用できるスペース(展示数20点)を選択し、「Continue」をクリックします。

つぎにNFTを展示していきます。

配置したいスペースの「Add Asset」をクリックします。

NFTの選択画面が表示されます。

持っているNFTがPolygonチェーンの場合、「Eth(OS API)」をクリックします。

メニュー内の「Poly (OS API)」をクリックします。

展示したいNFTをクリックすると、配置されます。

ちなみに配置したNFTをクリックすると、サイズや向き、フレームの色を変更できます。

展示スペースをシェアする方法

作成した展示スペースを他のユーザーにシェアしたい場合は、メモのアイコンをクリックします。

「Copy Link」をクリックしシェアしたいユーザーにURLを送ります。

URLを受け取った側は、ページを開いた後「Enter World」をクリックすると展示スペースを観ることができます。

-NFT, メタバース